オリジナルクラフトビールが飲めるブルワリー併設のお店

ホンモノの醸造家を志すあなたに

クラフトビールは、全国的はもとより世界中でブームになりつつあります。醸造家の腕がクラフトビールの味や品質を左右します。和歌山ブルワリー代表吉田は、様々な機関で学んだ座学や実践醸造でのノウハウや経験があります。しかしクラフトビールは生き物であり、再現性が非常に難しくゴールはありません。探究心・創意工夫・素直さこそがクラフトビール醸造には重要な要素となります。今まで蓄積してきたノウハウを「よりよい商品を造りたい」「自分が手がけたクラフトビールで笑顔を生み出したい」等の『志』の高い人材を中心に、醸造家を育成したいと考えております。和歌山ブルワリーで修行した人材が全国的に広がり、クラフトビール文化の底上げ、認知度向上、地域特産品をしたクラフトビールによる地域活性化に寄与できることを切に願っております。
「ホンモノ」の醸造を伝授し、一人前のブリュワーになるまでサポートします。

私はお酒が全般的に大好きです。学生時代に地元のブルーパブでクラフトビールの醸造に携わった経験がありました。指定されたレシピ通りに醸造することは、それだけでも楽しいのですが、日に日に自分自身が考えるクラフトビールを醸造したい、お客様をもっと笑顔にしたい、と言う思いが非常に強くなり、日々インターネットで醸造所を調べていました。そこで目に入ったのが和歌山麦酒醸造所三代目。情報が非常に少なく、知らずのうちに私は携帯電話を手にとり電話をしていました。小さな醸造所でありながら代表の吉田の考え方や取組み、そして夢に共感がもて、新たなる「ものさし(基準)」を自分で構築し、経験を積みたいと思い、和歌山麦酒醸造所三代目へと入社しました。今思うと、この行動力は自分でもビックリします。

醸造所によって設備も考え方、目的も変わります。ただレシピ通りに醸造していれば、同じ品質のクラフトビールができると考えておりましたが、全く違うものでした。自分自身の固定概念がネックとなりました。クラフトビールは生き物なのです。その日の気温、湿度、材料の状況によって品質が変わるのです。その振れ幅を少なくするのが醸造家としての技術であり腕の見せ所となります。醸造回数ごとの詳細データをノートに記載し、PDCAサイクルを自分自身で回しています。これらの日々の改善活動が品質向上と効率化へとつながり、お客様の笑顔を生み出していると自負しています。

醸造家はクラフトビールを造ることだけが仕事ではなく、店舗接客を通じてお客様からの生の意見をいかにクラフトビール醸造に反映させるかがキーポイントとなります。最近ではOEM、店舗提供、コンビニ出荷用のクラフトビールはレシピ通りに醸造していますが、代表の吉田から「そろそろレシピ開発を主軸で行ってみるか?」と言われ、長年夢であったオリジナルレシピ開発を任せてもらえるようになりました。思った以上に「プレッシャー」が半端ないです。失敗すると水のように捨てるわけに行かず、廃棄しても酒税が発生します。今まで培った自分なりの知識とデータを駆使して取組んでいます。このプレッシャーを跳ね返すのがお客様の笑顔です。自分がオリジナルレシピで醸造したクラフトビールを飲んだお客様から「美味しかった!最高♪」と笑顔で言ってもらえた時は、疲れも吹き飛びます。醸造家としての最高の瞬間でもあり、やりがいでもあります。

他の醸造所では経験することのできないことを一杯経験させてもらっています。今では高野山の麓で生産した生ホップを使用したクラフトビール醸造を行っています。生ホップの扱いは非常に難しく、私の探究心をくすぐる材料です。将来は醸造家として極めていくスペシャリストではなく、クラフトビール醸造を通じて色々な事業をプロデュースできるゼネラリストを目指しています。クラフトビールは、最高のキラーコンテンツと考えています。醸造もそうですが、ホップや大麦の栽培等を考えると、雇用及び新市場創造、地域活性化に繋がると思います。私が経験したノウハウや代表の吉田から学んだ技術を「吉田イズム」として伝承し、若い醸造家を育成すると共に、全国に波及させていきたいと考えています。まだまだ志し半ばですが、必ず実現させたいと心に誓っています。