オリジナルクラフトビールが飲めるブルワリー併設のお店

【取組】和歌山ブルワリーx和歌山工業高等専門学校

和歌山ブルワリー(株式会社吉田)と和歌山工業高等専門学校はクラフトビールの醸造、販売に向けた商品開発及びインターンシップ協定を締結し、2018年に100年ぶりに新種同定されたクマノザクラから単離した酵母を使用したクラフトビールをリリースし、和歌山県下のオオクワ店舗だけでなく、名古屋、岐阜の店舗でも販売してます。
ぜひ一度、ご賞味ください。

昨今、地域活性の名の下、様々な地域資源を用いた商品開発が盛んにおこなわれています。しかし、地域資源とは何も原料だけではありません。和歌山ブルワリーは、未来の日本の活性を担う若者も貴重な地域資源と考えています。この学生たちの普段の研究活動が、実際の市場でどの様に使用され、また役に立っているのかを、現場から学んでもらい、普段の研究活動の意義を深く理解してもらうことで、研究の大切さに気付いてもらう狙いもあります。和歌山の地で勉学に励む学生が、普段の研究に目的と喜びを感じてもらい未来の日本を活性化さえ一助を担う事も和歌山にある企業の役割と和歌山ブルワリーは考えおり、クラフトビールを一つのツールとして考えています。クラフトビールが一つのブランドとして、地域の人に愛され育ててもらってこそ「商品」となると確信しています。それらを実現させるためには6次産業化が必須となります。今後は、日本市場だけでなく海外市場も視野に入れて展開していきます。商品を販売するだけではなく、バック背景を武器に新市場を創造していきます。